2010年12月02日

Bon Jovi Live at Tokyo Dome

さて、日付変わりましたが12月1日は友達と東京ドームへ
Bon Jovi のライブを観にいってきました

友達は30日も行っていて2日間制覇
彼女ほどの体力がないので私は1日だけでしたが
最高
もう、最高です
1980年代の彼らのデビュー曲から
最新の新曲まで幅広く歌ってくれました
もう、Jonカッコイイ、Richie最高
というか、若い頃もよかったけど今も大人の男になりながら
爽やかで笑顔が素敵
曲のテイストは変わったけど、それでも人を惹きつけてやまない
彼らはほんとにすごいアーティストだなぁと思いました

ライブはBlood On Bloodから始まり
Photo%2012%E6%9C%88%2002%2C%201%2000%2009.jpg
私が大好きなRunawayやBad Medicine、It's My Life、You Give Love A Bad Name
などなど、数々の名曲を歌い
途中、Jon達がステージから降りて歌う場面もあり
最後はLivin' On A Prayerでドーム内の4万人が熱狂し腕を振る中締めて
最高のステージでした
Photo%2012%E6%9C%88%2002%2C%201%2001%2021.jpg
彼らは日本が大好きなんだなぁなんて思いながら
立ちっぱなしで疲れた足をいたわり帰宅しましたが
ほんと、とても楽しかったです
また行きたいな

2010年10月20日

終幕

今年のソフトバンクホークスの試合はすべて終わりました

幕はエースがリベンジを果たすためにマウンドに向かったものの
途中で四死球を含む押し出しで失点し
その後立て直すことができず、打線も奮起できず
中継ぎも打たれて7-0で完封負けして降ろされました

ポストシーズンに弱いのか
CSやプレーオフで勝てない
今回は打線の援護が少なく投手に頼らざるを得ず
ロッテの執念の攻撃で点を取られて負けた試合が多かったと
思ってます
今日の試合が終わった後
悔しさというよりは、空虚な感じが胸の中に入ってきました
それは、リーグ優勝を見届けた後
CSは勝ち進み日本シリーズへ行くものなんだという思い込みが
打ち砕かれ、空っぽになってしまったような感覚
まだ、なんとなく眠れません

しかし
リーグ優勝は紛れもない事実
仙台の夜に生胴上げを見て酔いしれたあのライトスタンド
そして祝勝会、名前も知らないホークスファン同士で居酒屋で
挨拶を交わした思い出
これはこれからもずっといい思い出として残っていきます

ロッテは、3位からのスタート
西武をストレートに破り、勢いと気迫があったように思います

さて
気持ちを切り替えます
まだまだ野球は終わりません
ドラフトやキャンプもあります
で、この1年間でいろんなトコに遠征して知り合った方と
飲みに行ったりもしたいなと思ってます

最後に
日本シリーズにいくつもりで貯めていたお金は秋キャンプで使いたいと思います
で、名古屋料理食べたいとか勝手に思って名古屋のホテルとか探して
味噌カツや味噌煮込みうどんのお店の情報を集めていたのはどうしよう
いっそ、名古屋旅行行っちゃおうかな

2010年09月28日

7年ぶりの栄冠

月曜日に仙台から帰宅致しました

西武がマジック4になってからの奇跡の連勝
逆転マジック点灯、そして意外なかたちでの優勝決定
思えば、西武M4で迎えたヤフドでの決戦からの数日間が
夢のような気持ちさえした昨日の夜

最終戦を仙台で迎えるのは毎年のこと
去年はCSで悔し涙を流した仙台でしたが
今年は、優勝を賭けての一戦
デーゲームでは西武がやはり優勝を賭けて日ハムと闘っていました
3回
西武が日ハムに負けたとの一報で、ホークスの優勝が決まりました
ライト守備のタムさんが片手を挙げて外野席方向へ優勝をかるく
アピールする素振りの中
優勝を喜ぶと同時に「勝って胴上げが見たい」
と思うファンもたくさんいました
しかし、運命の女神は気まぐれなのか
ホークスを優勝させると今度は楽天を勝たせてしまいました
もちろん、この試合にホークスが負けても優勝は決定していたのですが
なんとなく、優勝の実感がわきにくい優勝ではありました

でも
試合終了した後、勝った楽天側が粋なことに
ホークスの優勝のイベントを優先してくれて
選手と監督がみんなでグラウンドへ集まり
そこで秋山監督とキャプテンや主要な選手の胴上げが行われました
IMG_0802.JPG
そして、みんなでライトスタンド側へやってきてそこでバンザイしてくれました
IMG_0815.JPG
あ、お父さん犬を胴上げしているのはまっちです

その後
記念写真を撮ったり
また、楽天側外野席が「優勝おめでとうホークス」コールをしてくれたり
それにこちらが「がんばれ楽天」コールで返したり
エールの交換はパ・リーグの伝統と聞きましたが
思わず涙が出てしまいそうになるくらい感激しました

意外なかたちでの優勝ではありましたが
あそこにいたホークスファンの人達と優勝の瞬間を共有できたことは
とてもいい思い出になりました
生胴上げを見るのは初めてでした
IMG_0822.JPG
今まで、さんざん秋山采配に文句を言いましたが
秋山監督は相当胃を痛めていた様子で
そんな中、見事優勝を成し遂げ、今はごめんなさい、そして
ありがとうと言いたいです

それから、恐らくこの人の存在なしにはこの優勝はありえなかっただろう
小久保キャプテン
その存在感とリーダーシップ、そして主砲としての打力とプライドで
見事チームを引っ張ってきてくれました

杉内、和田の両左腕エース
攝津投手、ファルケンさん、馬原投手のSBMと甲藤さんのSBM48という中継ぎ
そこに新たに加わったちょめこと森福投手と金澤投手
盗塁王、ぽんた
若きチームリーダー、宗さん

ここには書ききれませんが
ホークス選手とスタッフのみなさん
優勝おめでとう、そしてありがとうございました

2010年08月21日

深紅の優勝旗が沖縄へ渡る日

1958年の夏の大会初参加以来
長く、沖縄県民の夢だった夏の高校野球大会優勝
それが、今日、興南高校野球部により成し遂げられ
深紅の優勝旗が海を渡ります

1958年当時、米軍の占領下の沖縄から
参加したのは首里高校
しかし、本土の高校との差は歴然で
初戦敗退し、悔し涙とともに甲子園の土を記念に
持って帰ろうとしたらしい
しかし、当時米軍の占領下にあったため
土が検疫にひっかかり、那覇港で捨てさせられてしまった
それを聞いた高野連が、石ならば大丈夫だろうと
消毒した石を沖縄まで送ってくれたそうです

と、沖縄にいた時に知人が話してました
真相はわかりませんが、そこから沖縄の高校野球好きが
始まり、夏の大会制覇は長年の県民の夢でもあったと
思います

今年は春の大会も制した興南高校
夏の大会はリードされながらも逆転する闘いや
エース島袋くんの好投、下位打線から点をとれる
打撃陣の援護もあり
ついに夏の大会制覇、春夏連覇を成し遂げることができました
春夏連覇って、1998年の横浜高校以来らしいですね
沖縄はいまごろ歓喜の中にあるかもしれません

決勝で敗れはしたものの、一二三くんをエースに擁した
東海大相模もよく闘ったと思います
特に、準決勝はすごい試合だったようで(仕事中につき観戦自粛)
今年の大会はまた投攻守において
レベルの高い大会だったみたいですね

さて
なんだか、また、沖縄に戻りたくなってしまいました
せめて沖縄料理食べたいな~~~

2010年06月09日

iPhone 4は何をしてくれるのか

個人的にはマルチタスク、動画がパワーアップした
というのが気になっているんですが

スリムなボディに工業的デザインでありながらアンティークなライカのような
美しさも併せ持つiPhone 4

あ、ちょっと欲しくなって来ましたが
やはり、日本ではソフトバンクが販売するとか
孫さんとジョブズさん仲がいいしね
うちのiPhone今年の1月末に買ったばかりだから
さすがに販売当日に並んだりはしないけど

ところでiPhone 4にiPad
今年のAppleはやっぱり元気がよさそうです

2010年06月05日

明石焼き

今日は、ホークスは美形左腕エース和田投手
広島は、青木高投手でした


わっちは初回からきっちり仕事を果たし
これは投手戦かなと思ったら
4回にホークスが先頭打者4番多村仁志さんの10号ソロから始まり
打者一巡で一気に5点を稼ぎ
次の5回でも相手投手、岸本投手のボーク×2もあって3得点
その後6回裏に廣瀬選手に3ランを打たれてしまうものの
立ち直った和田投手は追加点は許さず
8回まで投げぬいて9回を金澤投手が締めてホークスが勝ちました
わっちはリーグトップタイの8勝目
山崎勝己の好リードにも支えられ
味方の18安打9得点の援護にも助けられ
ホークスらしい試合だったと思います

つまり

先発がよければホークスは勝てると


ところで
明石くんについに今季初ヒットが出ました
8回にショート内野安打で打率0.00を脱しました
今日は秋山さんが野手を一気に入れ替えたため
チャンスがまわってきたともいえます
先発から残っていたのって、ぽんたと江川くん、勝己くんだけだし
江川くんは今日はエンタイトルツーベースと犠打で2打点をあげ
しっかり仕事を果たしています


代打で堂上くんも出てきましたね
さすがに勝己くんに代わることはなかったですけど
堂上くんがいるってことは秀ちゃんは(以下略)

堂上くんというとどうしても
宮崎キャンプの時に小久保さんが打球を痛いところに当ててしまい
それでも、気丈にマスクを被り続けた男というイメージがあります
あの時
小久保さんは優しく堂上くんの背中を叩いてあげながら
顔はめちゃくちゃ笑いまくっていたそうです

若鷹くん達は鍛えられて強くなってゆくのです


明石焼き買いに行こうかな

と思って買い物にいったのですが
どう考えてもコレ明石焼きじゃないし
2010060519440001.jpg

2010年05月10日

ポジティブに考えよう

以前
mixiでペタジーニさん獲得ネタの日記で
「サードがまた骨折した時の代替要員とか(考えたくないですが) 」
と書いてしまったら
本日、まっちが骨折していたということが判明し
全治2ヶ月で日記がリアルになってしまいました

まっちには将来の4番としての活躍を期待しているし
正直、ショックが大きいです
去年も2度骨折し、本来ならもっともっと活躍できたはずのところを途中離脱
今年こそはと思っていたら、またまた序盤から骨折で離脱

しかし
ものごとは、ポジティブに考えないといけません
まず
怪我のひとつやふたつやみっつは経験しないと
ホークスで4番なんてやっていけないんだ!!!
骨折なんて2ヶ月で治るんだ
膝の靭帯切ったりしたら1年間まるまる欠場なんだぞ

そして
宗さんが2003年に1軍にサードで定着したように
明石くんが、サードに起用され、活躍してレギュラー入りするかもしれません
または、サードオー様でレフトとか
そうなったら、若鷹が育つのです
悪い方にばかり考えていてもきりがありません

最後に
「人生に無駄はない」
といいますから、まっちもこの怪我で一回り成長するかもしれません
スペランカー体質になってほしくはないですが
怪我に強い体作りやプレースタイルを身に付けるかもしれません

また、まっちが観られないのは寂しいですが
はやく復帰してくれることを祈りつつ
残ったメンバーが交流戦を闘う姿を見守りたいです

さて、本気で明石ユニ作るか

2010年05月04日

スカイマーク伝説に勝て

オリックスとの対戦
スカイマークスタジアムでは2008年の9月18日から勝ちがないという
一種の鬼門みたいなスタジアムでしたが
今日、その伝説を覆し、ホークスは11-4とオリックスに大勝したのでした

先発はホークスは二十歳の翔クン
オリックスは岸田投手
1回表からいきなり小久保さんが通算1000得点目となる8号2ランを打ち
早々と3点リードするんですが
そのニュースを聞きつけて帰宅してから動画を見始めたら
2回裏からいきなりオリックスに打たれだして
これはまずいと見るのをやめたらダブルプレーでなんとか切り抜けてくれました

以後
なんだか中継を見るのが怖くて、テキスト速報でぺらぺら見ていたら
ラロッカに7号2ランHRで3-4
見ても見なくても打たれるんやないかい
と思いつつ、ちょうど始まった水戸黄門を観始めました

そして
ご老公様の力で私の疫病神パワーが打ち消されたのか
再び、4-4の8回表から中継を見始めたところ
ぽんた、オー様が出塁します
ただ、私は小久保さんの疫病神なので、小久保さんがダブルプレーで
二死1塁になってしまいますが
その後、私と相性のいいタムさんが二死からヒットで出ると
私と非常に相性がいいまっちが勝ち越しタイムリー
その後、長谷川くん、柴さんと連打で一気に4-8とリードします
8回表も長かったけど
9回表も長かった
1番宗さんからヒットがつながり、最後は城所くんにまで犠牲フライで
打点をあげられ4-11でホークスが点差を広げ
9回裏は前回のオリ戦でベンチを破壊した神内投手がしっかり3者で抑えます
ホークス、鬼門スカイマークで大量点で勝利を納めました

さて、今日のヒーローは8回に勝ち越しのタイムリーを打った松田選手ですが
4三振で唯一のヒットが勝ち越しのタイムリー
少ないチャンスをモノにする男、松田宣浩26歳もうすぐ誕生日で27歳だ
さすがです
まぁ4番にふさわしいといえばふさわしいタイプでしょう
日本プロ野球界の最多記録は、1試合5三振なので4三振なんてまだまだです

さて
どうやら、私は今年は小久保さんの疫病神らしいので(去年はまっち、その前は和田投手)
小久保さんの打席の時だけ目を閉じていればホークスは勝ちます
たぶん

だから、がんばって、明日も勝てホークス

2010年05月02日

奇跡とは呼ばせない

先週は、プロ入り12年目にして初の先発勝利を掴んだ小椋投手
投球内容は不安定な上に応援団さえ奇跡が起こらなければ
ぜったいに勝てないと思っていた小椋投手
まさに、奇跡とも思えるタムさんのHRからの連打で
ぽんたが二死満塁から左中間3点タイムリースリーベース
ホークスが4-3で辛勝した試合でした

奇跡は、2度起こるのか
2度目が起きたならば、それは奇跡なのか
それは、その投手の真の実力なのではないか

試合開始前から不安と期待で揺れていたであろうホークスファンの前で
試合が始まり
相手エース成瀬投手はさすがの投球で得点を許さず
対する小椋投手も2回まではぶなんに投げていた
しかし、3回表
里崎選手に先頭打者HRを打たれてしまいます
続く4回表にも、金選手にソロHRを打たれて2点リードされ
一方、成瀬投手は落ち着いてホークス打線を封じ
このままでは、このままでは、小椋投手は結局ただの奇跡だったのか


思ってしまっていたところ
いや、奇跡はやはり起こる
先週の試合でも、奇跡を起こしたのはこの男のバットだった
「奇跡を起こせ、炎の一打」
あきらめるな、ホークス
5回裏
先頭打者、5番タムさんソロHR
この一打で成瀬投手がやや調子を狂わされたか
打線がつながり1番宗さんのタイムリーで2人が帰り
山崎くんがキャッチャー里崎選手と交錯して一時は倒れるものの
気迫でホームベースを狙い
ホークスが逆転に成功しました

というのをメールで読みながら帰宅して
さっそくストロングホークスを観始めました
ストロングホークスの実況さん、去年の人になっていて聞きやすかった
しかし、観始めた直後にいきなりの金選手の2打席連続HRで
すぐに同点に追いつかれてしまいました
やはり、私は疫病神だったのか
と思う間もなく
6回裏
先頭打者、3番オー様のソロHR
スタンドインを確信して悠々と歩き始めるオー様
そこで、実況さんが「昨日の試合の再現なるか」
といったところ
4番小久保さんの打席できれいなフォロースルーと共に
打球は左中間スタンドへ
まるで、昨日の試合の再現を観ているようだという2者連続HRで
ホークスが2点リードと変わります

まぁその後
7回表に登板した甲籐さんが1失点するんですが
7回裏に代打の柴さんがツーベースを打ち
なんかよくわからんけど、代走送られちゃったんですが
(柴さんは何か言いたそうですが井口さんに止められていた)
代走明石くんが、宗さんのタイムリーで帰って1点追加
8回表はせっつんで危なげなく締め
8回裏に小久保さんとタムさんがヒットで出塁し、なんか相手投手の
ワイルドピッチで小久保さんが帰ってまた1点追加
7-4で迎えた9回表は守護神馬原投手が3者で抑えてゲームセット

もう奇跡とは呼ばせない
小椋投手、ホームでの初先発勝利
これで、ついに先発ローテ確定か
やや不安が残るものの、小椋投手は2勝目をあげました
お立ち台にはオー様と子供達も来ていました
お子さん達は、去年と比べて少し大きくなりました
がんばるパパのかっこいい姿を見てみんな嬉しそうでした

さて
これで5連勝
交流戦を前にいい勢いです

2010年04月29日

Wild & Cool

今日の試合は、同一カード3連勝を賭けた試合で
エース和田投手の登板試合でした
が、前の登板で8失点している和田投手に
正直不安を感じるファンもいたのではないかと思います

対する楽天は、どこがいいのかよくわからないけど
なんだか要所を抑えられて得点させてくれないラズナー投手
試合は序盤から投手戦で進みました


均衡が破れたのが4回裏
昨日2HRでお立ち台に立ったまっちが今日もやるぜと
タムさんが1塁に出た状態で一死1塁から5号2ランをセンターバックスクリーンへ
先制点が入ります
で、その後和田投手はクールなピッチングで相手の得点を許さず
一方、ラズナー投手は6回裏にまっちに死球を当てて出塁させてしまい
勢いが止まらないまっちは2塁へ盗塁
キャッチャー井野選手の送球エラーで3塁へ猛ダッシュ
長谷川くんの内野安打でホームへ生還
まっちが野生のパワーで楽天バッテリーを翻弄します

ラッキーセブン
ホークスは3 点リードで守備固めに入ります
まず、100球手前で和田投手を攝津投手に交代
SBMが発動します
そして8回表には守備でオー様に代えて城所くんを投入
センター城所、センター長谷川がレフトに入り、レフト、長谷川
と、いつものアレです
8回裏にはまたまたまっちで、ヒットで出塁してから2塁盗塁
キャッチャー嶋選手の送球エラーで3塁へ猛ダッシュ
長谷川くんの犠牲フライでホームへ生還
まっちが思い切りのよさで楽天バッテリーを翻弄します

9回表
SBMの最後の馬原投手がコールされ
後は、4点差を守り抜くだけ
つまり、馬原劇場以外では不安はありません
実況の長友さんが「今年の馬原は安定しています」
といった直後
山崎さんや草野さんや鉄平さんに打たれて二死満塁
そして迎えた代打の憲史さん
さぁ馬原劇場、大詰めです
しかし、なんかもうこういう展開には慣れて来た私は
メロンパンを食べながら落ち着いてみていました
最後は153キロのストレートだったそうで空振り三振
劇場でもなんでも、勝てばそれでよし
今季初の3タテとなりました

さて
お立ち台には、先発で4勝目のクール和田投手
そして、打って走って大活躍の2ラン+2盗塁、2打点3得点
思い切りのよさとまばたきの数では誰にも負けない
ワイルド松田選手が並びました

松田選手はほんとに思い切りがいいし、初球から果敢に振ってきます
「2ストライクで追い込まれていたのでボール球を振らないようにしようと
思っていました。あ、ホームランはボール球でしたけど」
さすがです
ボール球を振らないようにしてボール球をホームランにしました
しかも、一番深いところ、センターバックスクリーンへ

いやー、9連戦の最初の3連戦を非常にいい形で終えることができました
明日からのロッテ3連戦も勝つぞ!!!

track word

track feed Little Geckoのダイアリ
Powered by
Movable Type